可視光線透過率とは?

太陽光にサングラスを照らしている

可視光線透過率とは、レンズが光を通す量の割合を示しています。可視光線透過率の数値が高ければ高いほど視界がくっきりしています。そのため、暗い場所でも比較的視界が良好です。また、外側からもレンズが薄く、目が見えるため好みに合わせてみるのもいいですね。

可視光線透過率を確認する上で注意するべきことは、紫外線透過率とはまったく相関性がないということです。可視光線透過率が高い(レンズが薄い)からといって、紫外線をカットする割合が低いとは限りません。極端な例でいうと透明なレンズのサングラスでも紫外線カット率が非常に高く、サングラスとしての効果を十分にもつサングラスもあります。

紫外線透過率についてはこちらの記事をチェック▼

紫外線透過率とは?

2019.04.07